Interior

entry banner

【私のお部屋コーデ術】秋の新作インテリアでリラックスできるベッドルームを作ろう♪ インテリアコーデ&お役立ちアイテムをご紹介!

2021.10.25
239 0
リンクを共有 twitter icon line icon copy icon URLをコピー
Copy Icon
URLをコピーしました
Clip Icon
クリップしました

こんにちは。
BRUNOアンバサダーのasasaです。


みなさんにとって寝室はどんな場所ですか?

以前の我が家は寝室はただ寝るだけの空間でした。

でもあるとき、それではもったいない!と一念発起。

理想の寝室を目指してセルフリフォームで寝室をリラックスできるお気に入りの空間に変えました。

今では本を読んだり、音楽を聞いたり、寝室でゆったり過ごす時間はかけがえのないものになりました。

今回はそんな我が家の寝室のこだわりとオススメのアイテムをご紹介したいと思います。



ベッドルームの3つのこだわりポイント

寝室はリラックスできる空間であることを第一に心がけています。

そのために私が気をつけているのは「色味」「灯り」「環境作り」の3つです。



「色味」

色味.jpg

基本の色味は安眠効果の高いブルー系を選び、それ以外は白(ベージュ)・茶色の計3色におさえるようにしています。

その方が色味がバラバラなのに比べて圧倒的にスッキリ見えるからです。

特にベッドは大きなスペースを占めるものなので、なるべく圧迫感が出ないように白やベージュ系のベッドリネンを選ぶように心がけています。

とは言え、いつも同じカラーではちょっと新鮮味に欠けてしまうもの。

そんなときは、気軽にチェンジできる小物やお花で色味をプラスする方法がオススメ。

旬のお花や色のある小物をひとつ飾るだけでお部屋に簡単に季節感をプラスできますよ。



「灯り」

灯.jpg

寝る前に部屋が明るすぎるとリラックスできないので、寝室では基本的に間接照明の灯りだけで過ごしています。

私は昔からライトが好きで、素敵なデザインのものを見つけるとついつい買ってしまうので、寝室にはお気に入りの間接照明がいくつもあります。

そんなに灯りいる?と夫はきっと内心思っていると思いますが、ネイルやアクセサリーを楽しむように、そのときの気分によってライトを変えるのも楽しいものです。

ちなみに最近、お気に入りの灯りはマルチLEDランタン

落ち着いたマットな赤のカラーがひとつ加わっただけで、お部屋が一気に秋モードに♪

なおこちらのライトは、お好みの灯りが選べて、明るさを無段階で調節できるから、ベッドサイドにピッタリなんです。

ゆらぎモードを選択すれば、本物の炎を見ているような気分になってリラックス効果も抜群ですよ。



「環境作り」

環境.jpg

そして最近は、快眠できる環境作りにもこだわっています。

インテリアはもちろんですが、やっぱり心地いい空間には、光、温度、湿度、香り、音などの要素も大切です。

ということで、ここからはそんな心地いい環境作りに役立つアイテムをいくつかご紹介します!



機能性プラスインテリア性の高いアイテムを選ぼう!

加湿器.jpg

まずはこれからの季節に欠かせない加湿器。

充電式パーソナル加湿器CUBE MIST」は場所を取らずにLEDライトがわりにもなるのでベッドサイドにオススメ。 

アロマウォーターも使えるので、好きな香りを選べばよりリラックス効果も高まりますね。

また花粉やニオイ、ハウスダスト対策にぜひ取り入れたい空気清浄機。

意外と目につく分、デザイン性にもこだわって選びたいものです。

清浄機.jpg

BRUNOの「コンパクト空気清浄機」は木目の脚と優しいベージュカラーがインテリアに素敵に溶け込みます。

スピーカー.jpg

そして最後にご紹介するのは「ボリュームノブスピーカー」。

場所を取らないコンパクトサイズのスピーカーは寝室にぜひ取り入れてみてほしいアイテム。

夜は安眠効果の高いヒーリングミュージックを、なかなかベッドから出られない朝は好きな音楽をかけてヤル気をアップ!など、ひとつあるといろんな使い方が楽しめますよ。

限られた寝室スペースはひとつひとつのアイテムが目につきやすいので機能性だけでなく、デザイン性にもこだわって選ぶのが大切です。



理想の寝室を目指すためにイメージを膨らませよう

ラスト.jpg

最後にもし寝室を変えたいけど何から手をつければいいのかわからない、という方へ僭越(せんえつ)ながらアドバイスを。


理想の寝室は当然人それぞれ違うので、まずは自分や家族の好きを知ることが大切です。

こんな雰囲気だったらリラックスして過ごせそうだなぁと思える画像を集めていくと、なんとなく自分や家族の好きなものの共通点が見えてくるはず。

私の場合は海外のおうちのような寝室にしたい!という本当に漠然としたイメージから入って、Pinterestというアプリでいろんな画像を見て、イメージを膨らませて今の寝室にたどりつきました。


すべてを形にするのは難しくても、こんな風にしたいね、と家族と話し合ったり、一人妄想する時間もきっと楽しいはずです。

理想の寝室を目指して我が家もこれからもどんどんバージョンアップしていきたいと思います♪


最後までお付き合い頂きありがとうございました!


asasa

ABOUT WRITER

asasa

インテリアスタイリスト。 ごくごく普通の建売住宅をDIYでお気に入りの空間に。 著書 『元雑貨屋asasaさんのゆるカワ暮らし』(小学館) DIY インテリアコーディネートに関するアイディアをyahoo!とSNSで発信中。

インテリアスタイリスト。 ごくごく普通の建売住宅をDIYでお気に入りの空間に。 著書 『元雑貨屋asasaさんのゆるカワ暮らし』(小学館) DIY インテリアコーディネートに関するアイディアをyahoo!とSNSで発信中。

記事一覧へ戻る

人気記事

HongKong icon
BRUNO HongKong
instagram icon facebook icon
Singapore icon
BRUNO Singapore
instagram icon facebook icon
China icon
BRUNO China
weibo icon
Taiwan icon
BRUNO Taiwan
instagram icon facebook icon
US icon
BRUNO US
instagram icon
Canada icon
BRUNO Canada
instagram icon
ThaiLand icon
BRUNO Thailand
instagram icon facebook icon