Recipe

recipe entry image

えびと大葉の蒸し餃子

2021.09.15
124 0
OFFICAL
リンクを共有 twitter icon line icon copy icon URLをコピー
Copy Icon
URLをコピーしました
Clip Icon
クリップしました
アイテム cooking tool image コンパクトホットプレート

材料

<4人分(20個分)>

えび 小20尾
餃子の皮(大判) 20枚
大葉 10枚
小松菜 3株
キャベツ 3枚
紫キャベツ 3枚

<餃子のあん>

★豚挽き肉 100g
★れんこん 100g
★長ねぎ 1/2本
★しょうが 1片
★塩 小さじ1/3
★砂糖 小さじ1

<味噌マヨマスタード>

マヨネーズ 大さじ3
味噌 大さじ2
粒マスタード 大さじ1/2

<おろしポン酢>

大根おろし(水を切ったもの) 50g
ポン酢 大さじ4

手順

下準備

えびは尻尾までの殻をむき、背わたを取り除く。大葉は半分に切る。れんこんは粗みじん切り、長ねぎとしょうがはみじん切りにする。小松菜は半分の長さに切り、キャベツと紫キャベツは千切りにする。<味噌マヨマスタード>、<おろしポン酢>の材料をそれぞれ混ぜ合わせておく。

1

★の材料をボウルに入れ、粘りが出るまでこねて<餃子のあん>をつくる。

2

餃子の皮のフチに水をつけ、大葉、えび、1を適量のせてえびの尾を出してひだをつけながら閉じる。

3

コンパクトホットプレート(平面プレート)に小松菜、キャベツ、紫キャベツのそれぞれ半量を並べるようにしき、水150ml(分量外)をかけたら[MED]で加熱する。2の半量を間隔を空けてのせ、フタをして8分加熱する。蒸しあがったら、野菜とともにお好みで<味噌マヨマスタード>、<おろしポン酢>につけていただく。食べ終わったら、残りの半量も同様に加熱していただく。

#ホームパーティ #楽しい #簡単
記事一覧へ戻る
MY BRUNOレシピ MY BRUNOレシピとは?

0件中1〜 0 件を表示

MY BRUNOレシピ 投稿ガイドライン

MY BRUNOレシピ(以下、「当サイト」といいます)は、BRUNOアイテム別レシピに掲載されているレシピをご利用者様(以下「ユーザー」といいます)ご自身でも作ってみたときの感想等を、画像やコメントを付けて投稿することができる機能です。 当サイトを楽しくご利用いただくためにも、この投稿ガイドライン(以下「本ガイドライン」といいます)を遵守のうえでご利用をお願いいたします。                                         

■情報を発信する際の約束

1.当サイトは、あくまでも、レシピに対する感想等を投稿していただくことを目的とするものですので、レシピと無関係の画像(人物や動物が写りこんだ画像を含みますが、これに限られません)、コメントまたはイラスト等の投稿はご遠慮ください。

2.第三者が作成した画像、文章またはイラスト等の流用は、第三者の著作権その他の権利の侵害につながる可能性がありますので、ご遠慮ください。

3.他の利用者に不快感を与えたり、当サイトの運営を妨げたりする行為に繋がる可能性がある以下のような内容の投稿は行わないでください。
・レシピ、画像またはコメントなど、発信された情報を批判するような内容
・他者を差別することにつながる表現その他不快感を与えるような表現を含む内容
・第三者を誹謗、中傷、揶揄するような内容

4.当サイトではニックネームを使用して匿名で投稿することができますが、これよって民事上または刑事上の責任が免責されるものではありません。また、当サイトは、不特定多数の方々の目に触れるものですので、ご自身が投稿した内容が、他の利用者の方々にどのように受け取られるかを深く考えた上で、ご自身の責任において情報を投稿してください。

5.本ガイドラインに抵触すると当社が判断した投稿については、事前または事後の通知なく、非公開とし、または本サイトから削除することがありますので予めご了承ください。

以上

close icon
HongKong icon
BRUNO HongKong
instagram icon facebook icon
Singapore icon
BRUNO Singapore
instagram icon facebook icon
China icon
BRUNO China
weibo icon
Taiwan icon
BRUNO Taiwan
instagram icon facebook icon
US icon
BRUNO US
instagram icon
Canada icon
BRUNO Canada
instagram icon