Interior

【はじめよう、家庭菜園】水耕栽培に初挑戦!

2020.11.13
161 1
リンクを共有 URLをコピー
Copy Icon
URLをコピーしました
Clip Icon
クリップしました



こんにちは!パン・お菓子教室「honeydrop」の主宰、とさかりえです。

皆さんは、普段お家でどのように過ごされていますか?

お家時間が増えて、室内での楽しみをもっと増やしたいなと思っていた私は、

最近「家庭菜園」をはじめました!

実は、家庭菜園は何度もチャレンジしてきたのですが、

初心者には難しく、挫折を繰り返すばかり...。

しかし、そんな私でも簡単に植物が育てられるという

スタンドバイグリーン」を手に入れたんです。

ここでは、私の家庭菜園のキロクをご紹介しますね。




|初心者も失敗しない、スタンドバイグリーン!


スタンドバイグリーン」は室内でも簡単に小さな野菜やハーブを育てられる水耕栽培キットです。

土は一切使わずに、水に溶液を入れて準備OK!

12時間ごとに自動でON・OFFを繰り返すLEDライト付きだから、

日光に合わせて植物を動かす必要もありません!

陽の当たらない場所での栽培もできるので、

ちょっとグリーンが欲しいなという窓の少ない洗面室や廊下、玄関などでも楽しむことができます。

私は、スタンドライトとして使うこともありますよ!

DSC00182.jpeg




|サニーレタスの栽培にチェレンジ!

付属の培地フォームをたっぷりの水に30分ほどつけておきます。

栽培バスケットにセットしたらポットに線まで水を入れ、

栽培バスケットをセットし、種を植え付けます。

私はサニーレタスを育てることに。

スイッチオン!ライトがついていよいよ栽培開始です。

「スタンドバイグリーン」の詳しい使い方はこちら



3日後ちょこっと芽が出てきました。





DSC00174.jpeg




土だと埋まって芽がよく見られないのですが、

水耕キットならはっきり観察できちゃいます。

「本当に根っこと芽が種から出ているのね」と呟く私...。


それからさらに2、3日経つと茎がどんどん成長してきました。




DSC00187.jpeg




LEDライトに照らされた小さな葉一枚一枚が可愛らしく感じてしまいます。

「今日はどうなっているかな?」と、日々の楽しみが増えました。





|おわりに

お家時間に新しいことをはじめたいと思っている方は、室内で楽しめる水耕栽培にチャレンジしてみてはいかがでしょう。成長する姿を見ていると、癒されますよ。







ABOUT WRITER

とさかりえ

調布の小さなパンとお菓子の教室「honeydrop」主宰。 子どもを中心としたレッスンを展開。(コロナ感染症予防対策のため休止中) 現在、保育士として活動しながら、パンやお菓子の師範資格を活かしデパートや企業向けの販促イベント・レシピ開発などを行う。地元で蜜蜂を育て環境を考える「深大みつばちプロジェクト」で「はちみつ管理人」を担当。

調布の小さなパンとお菓子の教室「honeydrop」主宰。 子どもを中心としたレッスンを展開。(コロナ感染症予防対策のため休止中) 現在、保育士として活動しながら、パンやお菓子の師範資格を活かしデパートや企業向けの販促イベント・レシピ開発などを行う。地元で蜜蜂を育て環境を考える「深大みつばちプロジェクト」で「はちみつ管理人」を担当。

記事一覧へ戻る

人気記事

BRUNO HongKong
BRUNO Singapore
BRUNO China
BRUNO Taiwan
BRUNO US
BRUNO Canada