Kitchen

BRUNOと過ごす冬 ーKeiさんのおとなクリスマス【後編】ー

2019.11.27
26 0
リンクを共有 URLをコピー
Copy Icon
URLをコピーしました
Clip Icon
クリップしました

※このコラムは2019年11月に作成したものです。


冬ならではのシルバーカラーで、おとなのクリスマステーブルに挑戦してみませんか?


BRUNOアンバサダーKeiさん 流「おとなクリスマス」をレポート。

【後編】は夫から妻へのデザートのプレゼント。

甘い、甘い、甘--------いスペシャルレシピを、どうぞ!!




--------------------




IMG_2654.JPG
わー!!♡っていう喜ぶ顔がすごく見たい。その為に何かしてあげたい。

男としてみんなもそう思うでしょ?

妻が一生懸命作ってくれたホットプレートディナーから、今度はそのお礼にデザートを作ってあげよう。

ちょっと話は変わるけど妻は料理が苦手です。よく焦がします。

...その言い訳が「火が完全に入らないと危険!」だそうです。

卵焼きでも魚でも、ハンバーグでも、レアとかミディアムがわからない。

BRUNOのホットプレートとかホットサンドメーカーならどうだろう?

サーモスタッド機能のお陰で、焦がしにくいどころか良い焼き色・焼き加減のところで、ちゃんと止まってくれるお利口もの。そんなお利口な商品なら、今回僕が作るロールケーキだって簡単にできちゃうのだ!

#サプライズロールケーキ

IMG_2684.JPG

ロールケーキを選んだのは、妻がコンビニでよく買うロールケーキが美味しくて、真似をしてみたかったから。

そして、わーー!!♡と言われてみたい。

しかも、それをホットサンドメーカーでできるなんて、凄くないですか!?

ここで、ホットサンドメーカーの他に準備してもらいたいのはマルチステックブレンダー。

潰す、混ぜる、刻む、砕く、泡立てるを全て担う1台5役の優れものなのです。

今回は、付属品のブレンダーカップとホイッパーを使って、生クリームとクリームチーズを泡立てる時に使います。

これなら、大変な思いをして泡立て器を使わなくて済むし、洗い物も楽!

つくったクリームは、ロールケーキに使います。クリームチーズも入れてね。


IMG_2692.JPG

レシピでは、『ロールケーキを巻いてから1時間以上冷蔵庫で固める』と書いています。

なので、ディナーを食べ終わる頃に、ちょうどよく出てくるタイミングで準備します。

お酒も入って、甘いものが食べたくなった頃。

キッチンの奥では、僕がニヤニヤしながら魔法を掛けるように、はちみつと粉糖を掛けて最後の仕上げをします。

もし、ロールケーキを巻くときに、失敗して変になったとしても大丈夫。

余ってるフルーツを散らせばなんとかカッコつきます!

テーブルに持っていき、もちろん妻の反応は.........


IMG_2721 2.jpg

ホットサンドメーカーでつくる

「しっとりフルーツロールケーキ」

【材料(2人分)】
Aホットケーキミックス......180g
A牛乳......170ml
A卵......1個
Aサラダ油......大さじ1
B生クリーム......50ml
Bクリームチーズ......30g
Bグラニュー糖......10g
イチゴ......8~10粒
バナナ......1~2本
ブルーベリー......適量
はちみつ......適量
粉糖......適量
ミント......適量

【作り方】
1.ボウルにAを混ぜ合わせ、ラップをして15分程冷蔵庫で寝かせる。イチゴ、バナナは薄く輪切りにする。
2.ブレンダーカップにBを入れ、マルチスティックブレンダーにホイッパーをセットし、ふんわりと泡立つまで攪拌させる。
3.2~3分予熱したホットサンドメーカー(ダブル)のワッフルプレートに、1の生地を溢れないように流し入れ、フタを閉じて約4分焼く。
4.3を綺麗に剥がして皿に取り出し、粗熱が取れたら、2を塗り、イチゴ・バナナ・ブルーベリーを敷き詰めるように乗せる。端から巻いてラップで包み、冷蔵庫で1時間以上冷やし固める。
5.冷えて固まったロールケーキを3等分に切り、器に乗せる。余ったフルーツをトッピングし、はちみつ・ミント・粉糖で仕上げて、できあがり!



19AW_holiday07.jpg
2回に分けてお届けした、Keiさんのおとなクリスマス。いかがでしたか?

Kei さんのお料理愛、そして奥様への愛情たっぷりのスペシャルディナーでした!(あ、BRUNO愛も??)

大切な人への感謝の気持ちを込めて。1年頑張った自分へのご褒美に。

この冬だけの特別なカラーはクリスマスのプレゼントにもぴったり。

いつものお料理も、はじめてのレシピも、きっと特別な一皿になるはず。

BRUNOといっしょに、愉しいクリスマスをお過ごしくださいね!





ABOUT WRITER

kei

料理研究家。神奈川県鎌倉市出身。明治11年創業の老舗・神奈川県箱根町「富士屋ホテル」でフレンチの修行を積んだ後、俳優としてドラマ、映画、舞台などに出演。その傍ら、調理師免許、フードコーディネーター認定書を取得して、料理家に転身。男性から女性に向けたおもてなし料理「僕の番ごはん」をはじめ、雑誌・テレビなどの各メディアや企業へのレシピ提供、フードイベント出演など、幅広く活動する。

料理研究家。神奈川県鎌倉市出身。明治11年創業の老舗・神奈川県箱根町「富士屋ホテル」でフレンチの修行を積んだ後、俳優としてドラマ、映画、舞台などに出演。その傍ら、調理師免許、フードコーディネーター認定書を取得して、料理家に転身。男性から女性に向けたおもてなし料理「僕の番ごはん」をはじめ、雑誌・テレビなどの各メディアや企業へのレシピ提供、フードイベント出演など、幅広く活動する。

記事一覧へ戻る

人気記事

BRUNO HongKong
BRUNO Singapore
BRUNO China
BRUNO Taiwan
BRUNO US
BRUNO Canada