Kitchen

entry banner

おでんに入れたい変わり種はコレ!定番具材やおすすめアレンジレシピも

2023.10.17
57834 0
リンクを共有 twitter icon line icon copy icon URLをコピー
Copy Icon
URLをコピーしました
Clip Icon
クリップしました


少し肌寒くなる季節には温かいおでんが食べたくなるもの。

いつもの具材に加えて変わり種の具材もプラスすれば、より愉しめるはずです。

この記事では、変わり種のおでんの具についてたっぷり紹介します。

さらに、押さえておきたい定番の具や、おでんの地域別の違い、

BRUNOのアイテムでつくる変わり種おでんレシピもピックアップしました。




意外によく合う!|おでんの変わり種具材一覧




まずは「ちょっと変わったおいしいおでんが食べたい!」という人におすすめしたい、

おでんの変わり種具材を紹介します。いつものおでんにプラスしてみてください。



彩りを添える「トマト」

2、切れ目が入ったトマト.jpeg



おでんのだしとトマトの酸味・甘みは意外とマッチ。

一口食べると、だしとトマトのエキスがジュワッとあふれ、いつもとは違ったおいしさを感じられます。

トマトに切れ目を入れて湯むきし、煮崩れしないように後から入れるのがポイントです。



だし巻き卵に変身?「卵焼き」

3、白いお皿に乗ったやわらかそうな卵焼き.jpg



卵焼きをおでんに入れると、だしがしみ込んで濃厚な味わいのだし巻き卵に早変わり。

おでんのだしを吸うので、卵焼きの味つけは薄めにしておきましょう。

甘くてやわらかいため、子どもにもぴったり。ほかの具材を煮込み終わってから鍋に入れてください。



実はおでんと相性抜群!「餃子・しゅうまい」

4、蒸し篭の中で蒸されたしゅうまい.jpg



「餃子巻き」というおでん種があるほど、餃子とおでんは相性抜群です。

水餃子はもちろん、焼き餃子を入れてもおいしく食べられます。

ミニサイズでジューシーなしゅうまいは、おでんのアクセントに。

おでんのトッピングの定番・からしをつけて、ピリ辛な味わいも愉しんでみてください。


餃子やしゅうまいの皮がドロドロになるのを防ぐため、煮込みの終わりごろに入れるのがポイントです。

冷凍のものを使う場合は、入れる前にレンジで加熱しておきましょう。



子どもも喜ぶ「チーズ餅巾着」

5、シックなお皿にのった2つの巾着.jpg



巾着に角切りのお餅とピザ用チーズ・ソーセージをたっぷり入れて煮込みます。

巾着の中のお餅に火が通ってやわらかくなったら出来上がり。

ウインナーやチーズも入っているので、子どもも親しみやすく喜んで食べてくれるでしょう。



おでんのだしによく合う「たこ焼き」

6、鉄板の上で焼かれたたこ焼き.jpg



ソース&マヨネーズで食べることが多いたこ焼き。

おでんに入れてだしをしみ込ませて、ほろほろ・トロトロに仕上げて食べるのも絶品です。

たこや卵を材料にし、だし汁に漬けて食べる「明石焼き」と似た味を愉しめます。

おでんのシメとして、最後に入れるのがおすすめです。



肉厚でジューシーな「ロールキャベツ」

7、おでんの中からすくい上げたロールキャベツ.jpg



葉に厚みのあるキャベツは、たっぷりとだしを吸い込みます。

キャベツで肉だねを包み、ロールキャベツにして煮込んでみましょう。


ロールキャベツはコンソメなどの洋風な味つけが多いですが、和風テイストもおすすめです。

だしの優しい味わいが愉しめ、子ども達も喜んで食べてくれるはず。

おでんにはなかなかない緑色を取り入れることで、見栄えもよくなります。




変わり種の箸休めに!|おでんの定番具材一覧



8、鍋の中から箸でつかんだ大根.jpg




「おでんといえばこれ!」といった定番具材を愉しみたい人もいるでしょう。

変わり種の箸休めにぴったりな、人気の定番具材を紹介します。



おでんといえば「大根」


大根はおでんの中でも最初に思いつく具材の一つです。

だしをしっかり吸うため、おでんはもちろん煮物料理全般に欠かせません。


大根はやわらかくなるまでに時間がかかるので、おでんに入れて煮込む前に圧力鍋で先に調理しておくと時短に。

以下のように、米のとぎ汁を使って下準備をすると、おいしさがよりアップします。



<下準備の手順>

  1. 大根を3~4cmの輪切りにする
  2. 煮崩れ防止のために皮は厚めにむき面取りする
  3. 片面に十字の切れ目を入れる
  4. 3を、米のとぎ汁に入れ、串が通るやわらかさになるまで煮る
  5. 煮汁を流して水を入れ替えながら大根を冷やす



だしがしみたアツアツの「煮卵」


だしがたっぷりがしみたアツアツの煮卵は絶品。

程よい歯応えや、からしとの相性のよさが特長で、おでんの中でも人気の具材です。

序盤に鍋に入れておくことで、だしがよくしみ込みます。



ふわふわの食感「はんぺん」



だしがしみ込んだ、やわらかくてふわふわのはんぺんは、子どもにもお年寄りにも人気の具材です。

色の変化や煮崩れが起こりやすいので、出来上がる直前に鍋に入れましょう。



魚介のうま味たっぷり「さつま揚げ」



幅広い世代から好まれるさつま揚げは、だしと相性のよい定番具材の一つ。

煮込み全体の半ばくらいに鍋に入れます。

さつま揚げの油がだしを濁す可能性があるため、油抜きをしてから入れるのがポイントです。

味がしっかりした具材がほしいときに選んでみてはいかがでしょうか。



だしだけではなく具としても活躍「こんぶ」


結びこんぶは、だしもとれる上に見た目もよく、おでんの具材にぴったりです。

噛み応えがあるので、やわらかい具材が多いおでんのアクセントになるでしょう。

30分ほど水で戻してから鍋に加えてください。




【野菜編】うま味しみ込む!おでんのおすすめ具材




ここからは、おでんの具材としておすすめの野菜を紹介します。

彩りもよく栄養も摂れる野菜をいつものおでんに追加してみませんか?



火を通すと甘くなる「にんじん」

9、木のまな板にのったにんじん.jpg



にんじんの甘みはだしとの相性がよく、おでんにぴったり。

色が鮮やかで、おでんに入れると見た目が華やかになります。


具材自体は硬いため、あらかじめ煮込んでからおでんに入れるのがポイントです。

大根と同じように切れ目を入れると、味がしみ込みやすくなりますよ。



トロトロの食感がやみつきに「キャベツ」

10、木の皿にのったキャベツ.jpg



だしでじっくり煮込んだキャベツはやわらかく、芯までおいしく食べられます。

口に入れたときのトロトロの食感はくせになる味わいです。



甘くジューシーな「玉ねぎ」

11、カットされた玉ねぎ.jpg



テレビでタレントが話したことから話題に上がっている、おでんと玉ねぎの組み合わせ。

皮をむいてへたを落とした玉ねぎを1時間蒸してからだしに一晩漬けこみ、翌日にほかの具材とともに煮込みます。

時間がないときは、だしで1時間煮込むだけでもかまいません。

玉ねぎの甘みが引き出され、おでんのだしのうま味とマッチします。


ねっとり食感で味わい深い「里芋」

12、かごにのった里芋.jpg



ねっとりとした独特の食感で煮物料理でも人気の里芋は、おでんの具にもぴったりです。

おでんに入れる際は、事前に塩もみや下茹でをしてぬめりを減らしておきましょう。

煮込みの序盤に投入しておくと、だしがよくしみておいしく仕上がります。




【お肉編】食べ応え抜群!おでんのおすすめ具材




続いて、お肉のおすすめ具材を紹介します。

食べ応えのあるお肉は、食べ盛りの子どもがいるご家庭にもぴったりです。



やわらかく食べ応えもある「鶏手羽」

13、にんじんやきのこと一緒に調理された鶏手羽.jpg



鶏手羽はいくら火を通してもパサつかず、やわらかくて食べやすい具材です。

鶏肉のうま味がたっぷり出るので、ほかの具材のおいしさがアップ。

食べ応えがあってお腹を満たせるので、少し物足りなさを感じている人にも喜ばれるでしょう。


煮込む際は、お湯で下茹でをした後、よく洗ってから鍋に入れてください。



みんな大好き「ソーセージ」

14、一列に並べられたソーセージ.jpg



子どもから大人まで人気のソーセージは、だしとの相性も抜群。

最近では、市販されているおでんセットの中に入っていることもあるほどです。

ソーセージから出るうま味が、おでん全体のおいしさを引き立てます。



お酒にも合う「牛すじ」

15、やさしい色味のお皿に乗った牛すじ.jpg



牛すじは、とろみのある食感や脂身からしみ出すうま味とだしの相性のよさが魅力の具材です。

おでんに入れる際は、アクや脂分を抜くための下ごしらえが必要。

10分ほど茹でたら、流水で洗って再び1時間ほど茹で、食べやすくカットしたものか串に刺したものを投入します。


日本酒に合うおつまみレシピを紹介。秋の夜長の晩酌が愉しくなるアイテムも



少し洋風に?「厚切りベーコン」

16、カットされた大きなべーコン.jpg


煮込むことでベーコンの油が出て、だしとよく絡み合います。

ベーコンのうま味がしみ出し、洋風の味わいを愉しめるでしょう。




地域別のおでんの違い・変わり種具材



17、たくさんの具材がきれいに入っているおでん.jpg



おでんは地域によってだしや入れる具材に違いがあります。

ここでは、東日本と西日本のおでんの違いと、地域ごとの変わり種具材を紹介します。



【だしの色】東日本は濃い口・西日本は薄口


地域ごとの大きな違いはだしの色の濃さです。

東日本はだしに醤油、みりん、砂糖でしっかりと味つけをしますが、

西日本はだしそのものをしっかりとり、味つけは薄口醤油と少しの調味料だけ。

そのため、東日本のだしの色は濃いめ、西日本は透明に近いほど薄めと見た目が異なります。



【具材】エリア別変わり種具材


東日本は練り物の具材が多く、西日本は種類豊富に具材を入れるのが主流です。

地域ごとの変わり種具材を一覧にしてみました。




北海道、
東北地方

タケノコ、フキ、ワラビなどの山菜

ホタテ、つぶ貝など貝類

関東地方

ちくわぶ、すり身などの練り物

中部地方

静岡おでん

黒はんぺんやなると巻き、豚もつなどを串に刺したもの

金沢おでん

車麩や赤巻き

名古屋おでん

焼き豆腐や角麩

関西地方

たこあし、平天、牛すじ

中国・四国地方

じゃこ天、里芋、鶏手羽、春菊、じゃがいもなど

九州・沖縄地方

餃子巻き、竜眼、ロールキャベツ、餅巾着、スペアリブ、豚足など




BRUNOの変わり種おでんレシピ




最後に、変わり種おでんのおすすめレシピを紹介します。

BRUNOアイテムを使って手軽につくれるので、調理の手間がかかりません。



コンソメスープでつくる「ごろごろトマトの洋風おでん」

18、トマトやロールキャベツなど変わり種が入っているおでん.jpg



色鮮やかなトマトが入った「ごろごろトマトの洋風おでん」です。

トマトは湯むきをすることで、コンソメスープがしみ込みやすくなります。

おでんに入れる具材それぞれの下準備を済ませたら、火が通りにくいものから時間差で煮込んでいきましょう。

お好みで粒マスタードをつけて食べるのもおすすめです。



ホットプレートグランデサイズを使って調理すれば、たくさんの具材を入れて調理できるだけではなく、

そのまま食卓に並べられるのでテーブルが華やかになります。

おおよそ4~5人分の調理が可能なので、大人数でおでんを愉しみたいときにぴったりです。


「ごろごろトマトの洋風おでん」の詳しいレシピはこちら



簡単操作で本格的「やわらかたこのおでん煮」

19、ランチョンマットの上に盛り付けられたたこのおでん.png



「やわらかたこのおでん煮」は、下準備をした具材を
マルチ圧力クッカーへ入れ、

「カレーボタン」を押すだけで完成する簡単料理です。

マルチ圧力クッカーなら、長時間の煮込みや火の調整が不要。

また、具材の中までだしがしみ込むので、やわらかなおでんが愉しめます。


スイッチを押した後はほったらかしで完成するので、ほかの家事や料理に時間を使えるのも嬉しいポイントです。

保温機能付きで、いつでも温かいおでんが食べられますよ。


「やわらかたこのおでん煮」のレシピはこちら




おでんに変わり種を入れてアレンジレシピを愉しもう




20、おでんの具にお玉でだしを入れる様子.jpg



おでんの変わり種はたくさんあり、どれもだしとの相性がぴったりです。

普段の定番具材とあわせて食卓に出せば、鍋を囲む家族や友人との会話も弾み、愉しい食卓になるはず。

自分が住む地域以外の変わり種具材を入れ、一風変わったおでんにするのも愉しいでしょう。

BRUNOのレシピも参考にしながら、オリジナルのおでんをつくってみてください。

default image

ABOUT WRITER

BRUNO

愉しみ上手な大人が集い、生まれた、ライフスタイルブランド たとえば、ビーチサイドを仕事場に、 いつもの食卓をパーティに変え、 ファッションを愉しむようにインテリアを選ぶ。 “変幻自在”で”愉しさ重視”のライフスタイルがBRUNO流。 BRUNOは、人生を愉しむための 遊び心に満ちたライフスタイルをお届けします。

愉しみ上手な大人が集い、生まれた、ライフスタイルブランド たとえば、ビーチサイドを仕事場に、 いつもの食卓をパーティに変え、 ファッションを愉しむようにインテリアを選ぶ。 “変幻自在”で”愉しさ重視”のライフスタイルがBRUNO流。 BRUNOは、人生を愉しむための 遊び心に満ちたライフスタイルをお届けします。

記事一覧へ戻る

人気記事

HongKong icon
BRUNO HongKong
instagram icon facebook icon
Singapore icon
BRUNO Singapore
instagram icon facebook icon
China icon
BRUNO China
weibo icon
Taiwan icon
BRUNO Taiwan
instagram icon facebook icon
US icon
BRUNO US
instagram icon
Canada icon
BRUNO Canada
instagram icon
ThaiLand icon
BRUNO Thailand
instagram icon facebook icon