Kitchen

entry banner

おしゃれ&かわいいステンレスボトルを持ち歩こう!選び方と人気アイテムを紹介

2023.03.29
220 0
リンクを共有 twitter icon line icon copy icon URLをコピー
Copy Icon
URLをコピーしました
Clip Icon
クリップしました


飲み物の温度を逃しにくいステンレスボトル。

最近はマイボトルを持ち歩く人が増えていることから、ステンレスボトルの人気が高まっています。

以下では、ステンレスボトルの購入を検討中の人に向けて、ステンレスボトルの魅力や基本の選び方に加え、

おしゃれさと機能性の両方を兼ね備えたBRUNOのステンレスボトルを紹介します。




携帯に便利なステンレスボトルの魅力




ステンレスボトルを持つ手.jpg

毎日何気なく購入するペットボトル飲料は、思ったより出費がかさんでしまうものです。

また、使い捨てペットボトルは環境にもよくありません。

そのため、飲み物をマイボトルに入れて持ち歩く人が最近増えています。

なかでも人気なのが、保温・保冷に優れているステンレスボトルです。

携帯しやすいコンパクトサイズや軽量のものなどさまざまなサイズがあるほか、デザインも豊富。

使い勝手がよいお気に入りのひとつを見つけて持ち運べば、気分が上がるでしょう。

またステンレスボトルを持ち歩くことで、飲み物代が節約できるといったメリットもあります。

これからのおでかけシーズンに向けて、1つ持っておくと重宝しますよ。




おしゃれなステンレスボトルを見つけたい!基本の選び方




分解できるステンレスボトル.jpg



次に、ステンレスボトルの基本の選び方を紹介します。

使用シーン・飲む量・使い勝手などを考慮して、お気に入りのひとつを見つけましょう。



①使うシーンや飲む量に合った容量・サイズを選ぶ



ステンレスボトルは幅広いサイズが展開されているので、使うシーンや自分の飲む量に合わせて選ぶとよいでしょう。

使い勝手がよいのは500mlサイズ。

一般的なペットボトルと同じ容量で、オフィスや学校に持って行くのにちょうどよい大きさです。

ちょっとした散歩や近所へのお出かけには、120mlや200mlなど小さいサイズがぴったり。

持ち運びしやすく、小さめのバッグを持つ女性にもおすすめです。

スポーツやアウトドアで使うなら、1L以上入る大きめのものが便利です。

ただし、容量が多くなるとその分本体も重くなるため、持ち運びできる重さかどうかを確認してから購入してください。



②使う場所・人に合わせて、お気に入りのデザインを選ぶ



毎日持ち歩くのであれば、デザインも大切なポイントです。

気に入ったデザインを選べば、より長く飽きずに使えます。

例えば学校やオフィスで使うなら日常に溶け込むようなシンプルなデザイン、

外に持ち歩くならアウトドアテイストのデザイン、子ども用ならかわいいデザインを選んでみては?

使うシーンや人に合わせて、どんなデザインがぴったりかを考えてみましょう。



③保冷・保温機能で選ぶ



ステンレスボトルの特長である、保冷・保温機能で選ぶのもひとつです。

ステンレスボトルは、保温・保冷両用のものと保冷専用のものとがあります。

おすすめは真空断熱構造や二重構造になった保温・保冷両用タイプ。

外気から守られるため、ボトルに入った飲み物の温度には影響が出ず、

冷たい飲み物も温かい飲み物もちょうどよい温度にキープできるのが特徴です。

どちらのタイプを選ぶ場合も、効力がどのくらい持続するかを忘れずにチェックしましょう。



なお保冷専用のボトルには、熱い飲み物を入れないよう注意してください。

熱い飲み物を入れると、圧力でフタが開かなくなったり、飲み物が飛び出したりする場合があります。



④飲みやすさや使い勝手を考慮して飲み口で選ぶ



ステンレスボトルの飲み口は、直接口をつけて飲むタイプやコップに注いで飲むタイプがあります。

直接飲むタイプの中には、360度飲み口のタイプ、スクリュータイプ、

ストロータイプのように種類がいろいろあるので、自分に合った飲み口のものを選びましょう。



飲み口のタイプ

特長

おすすめの人・シーン

直接飲む
タイプ

360度
タイプ

スクリュー
タイプ

・口が広いため、中に入れた飲み物の香りが立ちやすい

・コーヒー、紅茶など香り高い飲み物をよく飲む人

ワンタッチ
タイプ

・片手が塞がっていても飲める

・ドライブ中や出先で手軽に飲みたい人

ストロー
タイプ

・ステンレスボトルを上に持ち上げず楽に飲める

・小さな子ども

コップ
タイプ

・コップが付いた、注げるタイプのボトル

・ピクニックやお花見などで、複数人で飲み物をシェアしたい場合



⑤清潔に使えるよう洗いやすさで選ぶ



毎日使うものだからこそ衛生的に使えるよう、ステンレスボトルの洗いやすさで選ぶのもひとつ。

とにかくお手入れを簡単に済ませたいなら、シンプルな構造でパーツが少ないスクリュータイプがおすすめです。

またステンレスボトル内部の着色汚れが気になる場合は、

内側にフッ素コートが施されたタイプを選んでみてください。

茶渋やコーヒーの色がつきにくく落ちやすいのはもちろん、汚れがたまりにくいので長く愛用できるでしょう。




BRUNOで購入できるおしゃれなステンレスボトル4つ




BRUNOのステンレスボトルは、デザイン性と機能性を兼ね備えた優れものが多数揃っています。

お気に入りの1本がきっと見つかるはずですよ。



軽量ステンレススクリューボトル tall
軽量ステンレススクリューボトル tall.jpg



気密性の高いスクリュータイプのステンレスボトルです。

保温・保冷両用の真空二重構造で、飲み物の温度をしっかり保てます。

480mlもの飲み物が入るトールサイズでありながら本体はわずか211gと軽量なので、

カバンへ入れて持ち運びやすく便利です。

広口タイプで、冷たい飲み物を飲みたい時に大きい氷が入れやすいのもポイント。

中せんにはガードが付いているため、氷の吹き出しを防ぎます。

またすべてのパーツが分解可能で、お手入れが楽にできる点も嬉しいポイントです。


カラーは、MORNING・EVENING・MAGIC HOUR・シルバーアイボリー・シルバー

テラコッタオレンジ・シルバーグリーンの、計6色展開です。


軽量ステンレススクリューボトル tall

価格:3,520円 (税込)


軽量ステンレススクリューボトル medium
軽量ステンレススクリューボトル medium.jpg



真空二重構造で保冷・保温が可能なステンレスボトルです。

保温・保冷効果が高く、69度以上を6時間、7度以下を6時間持続できます。

カバンに入れて持ち運びしやすい350mlの容量でありながら、大きめの氷が入れやすい広口タイプ。

冷たい飲み物を入れたい時に便利です。またパーツを分解して丸洗いできるので、衛生的に使えます。


カラーはsunrise pink・daylight blue・dawn gray・シルバーグレージュ・

シルバーピンク・シルバーブルーの計6色展開です。


軽量ステンレススクリューボトル medium

価格:3,190円 (税込)



軽量ステンレスワンタッチプリントボトル
軽量ステンレスワンタッチプリントボトル.jpg



片手でフタが開けられる、ワンタッチタイプのステンレスボトルです。

保温・保冷が可能な真空二重構造で、74度以上を6時間、5度以下を6時間キープできます。

フタにはストッパーが付いているので、カバンに入れても中身をこぼさず持ち運び可能。

交換部品として「せんユニットセット」が別売りされており、劣化や紛失した場合も安心です。

カラーはピンク・ブルーの2色で、本体にはトレンドカラーで各国のタイル柄をモチーフとした模様がプリントされています。


軽量ステンレスワンタッチプリントボトル

価格:3,520円 (税込)



ライト2WAYキッズボトル

ライト2WAYキッズボトル.jpg


キャップを変えることで、コップ飲み用と直飲み用の2wayで使えるステンレスボトルです。

コップにはリング状の持ち手付き。中せんの赤いボタンで注ぎ口を開閉できます。

直飲み用はワンタッチ式ですが、こぼれないようにキャップの開閉口にストッパーが付いており安心です。

飲み物をたっぷり入れられる580mlの容量でありながら、軽量&スリムなため子どもでも持ち運びしやすいでしょう。


カラー・デザインは、カーブル・フラワーオレンジ・ブルー・ピンクの4パターンがあります。

車や花などのかわいい柄が描かれているので、子どもの好みに合わせて選んでみてくださいね。


ライト2WAYキッズボトル

価格(カーブル・フラワーオレンジ):4,950円 (税込)

  (ブルー・ピンク):4,620円(税込)




おしゃれなステンレスボトルでお気に入りの飲み物を持ち歩こう





グラデーションが美しいボトル.jpg




飲み物の冷たさや温かさを長時間キープできるステンレスボトル。

好きな飲み物を入れて持ち歩けば、いつでも手軽にお気に入りの飲み物を愉しめます。

ボトルによって、機能性やデザインはさまざまです。

よく使うシーン、よく飲む飲み物、使い勝手などを考慮して、

ぜひお気に入りの1本を見つけてくださいね。

default image

ABOUT WRITER

BRUNO

愉しみ上手な大人が集い、生まれた、ライフスタイルブランド たとえば、ビーチサイドを仕事場に、 いつもの食卓をパーティに変え、 ファッションを愉しむようにインテリアを選ぶ。 “変幻自在”で”愉しさ重視”のライフスタイルがBRUNO流。 BRUNOは、人生を愉しむための 遊び心に満ちたライフスタイルをお届けします。

愉しみ上手な大人が集い、生まれた、ライフスタイルブランド たとえば、ビーチサイドを仕事場に、 いつもの食卓をパーティに変え、 ファッションを愉しむようにインテリアを選ぶ。 “変幻自在”で”愉しさ重視”のライフスタイルがBRUNO流。 BRUNOは、人生を愉しむための 遊び心に満ちたライフスタイルをお届けします。

記事一覧へ戻る

人気記事

HongKong icon
BRUNO HongKong
instagram icon facebook icon
Singapore icon
BRUNO Singapore
instagram icon facebook icon
Taiwan icon
BRUNO Taiwan
instagram icon facebook icon
US icon
BRUNO US
instagram icon
Canada icon
BRUNO Canada
instagram icon
ThaiLand icon
BRUNO Thailand
instagram icon facebook icon