Kitchen

entry banner

ミル付きコーヒーメーカーで挽きたてのおいしさを。選び方やおすすめ商品を紹介

2023.02.28
679 0
リンクを共有 twitter icon line icon copy icon URLをコピー
Copy Icon
URLをコピーしました
Clip Icon
クリップしました

自宅に居ながら本格的なコーヒーが味わえるミル付きコーヒーメーカー。

豆を挽くところからコーヒーを淹れるまでの流れを1台で行える便利なアイテムです。

以下では、ミル付きコーヒーメーカーの概要を押さえつつ、魅力や選び方のポイント、

BRUNOのおすすめ商品を紹介します。


ミル付きコーヒーメーカーとは? 特長と種類コーヒーメーカーに豆を入れる様子.jpeg

引用元: https://www.instagram.com/p/CPDHseNhpY_/


ミル付きコーヒーメーカーとは、コーヒー豆を挽くためのミルが搭載されたコーヒーメーカーのこと。

簡単な手順で手軽に本格的なコーヒーが愉しめるため、コーヒー好きの人には特におすすめです。

はじめに、ミル付きコーヒーメーカーの特長や種類について紹介します。


コーヒー豆を挽くミルが付いたコーヒーメーカー

ミル付きコーヒーメーカーは豆を挽くところから始めるため、お店のような挽きたてコーヒーを味わえます。

コーヒー豆は粉よりも酸素に触れる面積が少なく、劣化速度が遅いのが特長。

そのため、ミル付きコーヒーメーカーで飲む分の豆を挽いてコーヒーを淹れれば、

毎回鮮度の高い味わいを愉しめます。

また、豆の挽き目や抽出具合も調整できるので、自分の好みに合ったコーヒーが淹れられる点も魅力です。


種類①全自動タイプ

全自動タイプのミル付きコーヒーメーカーは、

豆を挽くところからコーヒーを抽出するまでをボタンひとつで行えます。

コーヒーメーカーによっては、同じ挽き具合や温度設定にしておくことで、いつも同じ味わいを愉しむことが可能。

価格は高めですが、少ない手間で挽きたてのコーヒーを味わえますよ。

<使い方>

  1. コーヒー豆を容器にセットする
  2. 必要な量の水をタンクに入れる
  3. 抽出スイッチを押す


種類②セミオートタイプ

コーヒー豆と粉のどちらも使えるのがセミオートタイプ。

豆を使う場合は、自分で豆を挽いてからフィルターにセットするため、全自動よりは少々手間がかかります。

しかし、中細挽きや粗挽きなど豆の挽き具合を細かく調節できるので、

自分の好みや気分に合わせて風味を変えられるでしょう。

また、自分で行う工程が多い分、リーズナブルなものが多い傾向にあります。

<使い方>(コーヒー豆から挽く場合)

  1. コーヒー豆をミル容器にセットする
  2. 必要な量の水をタンクに入れる
  3. 好きな粗さにコーヒー豆を挽く
  4. 挽いた粉をフィルターに入れ替える
  5. 抽出スイッチを押す


ミル付きコーヒーメーカー2つの魅力コーヒー豆と淹れたてのコーヒー.jpeg



ミル付きコーヒーメーカーには魅力がたっぷり。必要な道具を別で揃える手間なく、おいしいコーヒーを愉しめますよ。

1. 自分の好きな豆で挽きたてのコーヒーが味わえる

自分の好みの豆を使って、いつでも挽きたてのコーヒーを味わえるのが一番の魅力です。

豆を挽くところから行うため、豆本来の香り豊かな味わいを引き出せます。

また豆を挽いた瞬間の香りを愉しめるのも、ミル付きコーヒーメーカならではの魅力と言えるでしょう。


2. コーヒーを淹れるために必要な器具が一体化している

コーヒーを淹れるためのミルやドリッパーなどが一体化されているため、器具を別々に購入する必要がありません。

コーヒーメーカー以外の置き場所を確保する必要もなく、出し入れに手間取ることもないのが嬉しいポイントです。


ミル付きコーヒーメーカーの選び方6つ棚に置かれたコーヒーメーカー.jpg

引用元: https://www.instagram.com/p/CUKJHOlhbXf/

ミル付きコーヒーメーカーを選ぶ際、

全自動タイプやセミオートタイプのほかにもいくつかのポイントを意識するのがおすすめ。

どんなコーヒーが飲みたいのか、豆本来の味や香りを愉しみたいのかなど、

複数あるコーヒーメーカーを比較しながら自分に合ったものを選びましょう。


①ミルの構造で選ぶ

ミルにはいくつかの種類があり、それぞれで豆の挽き方や特徴が異なります。

コーヒーの味わいも異なるため、好みに合わせて選びましょう。

種類

特徴

プロペラ式
(ブレードグラインダー)

  • 豆を挽く時間の長さで豆の粒度を調節できる
  • 丸洗いできるのでお手入れしやすい
  • 摩擦熱が生じやすいため風味にダメージを与えやすい

コーン式/臼式
(コニカルカッタ―/フラットカッターディスク)

  • 摩擦熱が出にくく挽きムラがないため、豆本来の味を愉しめる
  • ミル構造が複雑なため丸洗いできず、豆の欠片や微粉が残りやすい



②コーヒーを抽出する容量で選ぶ

コーヒーを抽出する容量は種類によってまちまち。

1杯ずつ淹れるタイプや、一度に何杯も抽出できるタイプなどがあります。

1人で愉しむ場合、複数人分淹れる場合や1日に何杯も飲む場合など、

よく使うシーンや使い勝手に合ったものを選ぶのがポイントです。


③フィルターのタイプで選ぶ

フィルターにはステンレス・メッシュフィルターやペーパーフィルターなどの種類があり、

それぞれでコーヒーの風味が変わります。

ただしメーカーによっては、メッシュタイプしか使用できないものもあるため、購入時には確認するようにしましょう。

種類

特徴

ステンレス・
メッシュフィルター

  • 目の粗さはメーカーによって多少異なる
  • 洗って繰り返し使えるためゴミが出ない
  • コーヒー豆の油分が入るためコクのある味わいになる
  • 目詰まりしやすいため、使用後はしっかり洗って乾かす必要がある

ペーパーフィルター

  • ペーパーフィルターを購入しなくてはいけないが、使い捨てできるので片付けが簡単
  • 油分を吸収しやすいため、すっきりとした味わいになる
  • ドリップ時に粉やお湯が飛び散りやすいため、コーヒーメーカーが指定するサイズを使わなければならない



④サーバーの素材で選ぶ

抽出したコーヒーを受けたり、保温したりするサーバーには、ガラスやステンレスなどの種類があります。

種類

特徴

ガラス製

  • ドリップ中に中身を確認できる
  • 匂いや汚れが付着しにくく、お手入れが簡単
  • 保温プレートに放置すると煮詰まる可能性がある

ステンレス製

  • 保温性が高いため、ヒーター機能を使わなくても淹れたコーヒーの温かさをキープできる
  • ガラス製よりも衝撃に強いため扱いやすい
  • 中が見えないためドリップ時の抽出加減が分かりにくい



⑤便利な機能・つくれるメニューの幅で選ぶ

より便利な機能や、つくれるメニューの幅に着目して選ぶのもおすすめです。

メニュー

機能

蒸らし機能

お湯を注ぐタイミングをずらして、香りを引き出す

シャワードリップ

穴の数を多くしてお湯のかかる場所を分散させる

タイマー機能

指定の時間にコーヒーを完成させられる

そのほかエスプレッソ・カプチーノ・アイスメニューなど、

付属機能によってさまざまなコーヒーメニューを愉しめるものもあります。


⑥お手入れのしやすさで選ぶ

頻繁に使うものだからこそ、お手入れのしやすさも重要です。

ミルを外して丸洗いできるものや、内部を洗浄する全自動洗浄機能搭載のものなど、

使用後のお手入れのしやすさも考慮しましょう。


挽きたてのおいしさが愉しめるBRUNOのおすすめアイテム

BRUNOでもミル付きコーヒーメーカーを取り扱っています。

デザインがおしゃれなだけではなく、使い勝手や機能性にも優れています。


持ち運びしやすい「電動ミルコーヒーメーカー」2つ並んだコーヒーメーカー.jpg

引用元: https://www.instagram.com/p/Ce-yonaPKW2/



挽きたての豆からドリップしたコーヒーを味わえる、BRUNOの電動ミルコーヒーメーカーです。

電動ミル・ドリッパー・真空カップが一体となっているため、

豆を挽くところからコーヒーを飲むところまで1台で完結します。

リングを回す様子.jpg




挽き目調整リングを回すだけで、豆の挽き具合を5段階で調整可能。

ステンレスメッシュフィルターのため、紙のフィルターがいらず無駄なゴミを出しません。

また、充電式で場所を取らず、持ち運びしやすいコンパクトなボディなのも魅力です。

キャンプやアウトドアなど外出先でも手軽に使えますよ。

電動ミルコーヒーメーカー

価格:6,380円 (税込)

shop.png




キャンプやアウトドアで愉しめるレシピや使えるBRUNOアイテムは、以下の記事でも紹介しています。

映えるおしゃれなキャンプ飯!4つの簡単レシピやコツ、便利なBRUNOアイテムも紹介


話題のおしゃピクに使えるアイテムやレシピは、以下の記事をチェック!

SNSで話題「おしゃピク」の愉しみ方~アイテムと料理にこだわってインスタ映え~


ミル付きコーヒーメーカーで贅沢な時間を過ごそう
カップに淹れられたコーヒー.jpeg

引用元: https://www.instagram.com/p/CPDHseNhpY_/


ミル付きコーヒーメーカーは、手軽に本格的なコーヒーが愉しめるアイテム。

BRUNOの電動ミルコーヒーメーカーをはじめ、全自動やセミオートなどさまざまな種類があるので、

自分のライフスタイルに合ったものを選ぶのがポイントです。

本記事で紹介した選び方を参考に、相性のよい1台を見つけてくださいね。


default image

ABOUT WRITER

BRUNO

愉しみ上手な大人が集い、生まれた、ライフスタイルブランド たとえば、ビーチサイドを仕事場に、 いつもの食卓をパーティに変え、 ファッションを愉しむようにインテリアを選ぶ。 “変幻自在”で”愉しさ重視”のライフスタイルがBRUNO流。 BRUNOは、人生を愉しむための 遊び心に満ちたライフスタイルをお届けします。

愉しみ上手な大人が集い、生まれた、ライフスタイルブランド たとえば、ビーチサイドを仕事場に、 いつもの食卓をパーティに変え、 ファッションを愉しむようにインテリアを選ぶ。 “変幻自在”で”愉しさ重視”のライフスタイルがBRUNO流。 BRUNOは、人生を愉しむための 遊び心に満ちたライフスタイルをお届けします。

記事一覧へ戻る

人気記事

HongKong icon
BRUNO HongKong
instagram icon facebook icon
Singapore icon
BRUNO Singapore
instagram icon facebook icon
Taiwan icon
BRUNO Taiwan
instagram icon facebook icon
US icon
BRUNO US
instagram icon
Canada icon
BRUNO Canada
instagram icon
ThaiLand icon
BRUNO Thailand
instagram icon facebook icon