Kitchen

entry banner

【サムギョプサル】定番〜変わり種具材14選。おいしいタレや簡単レシピも

2024.03.27
2869 0
リンクを共有 twitter icon line icon copy icon URLをコピー
Copy Icon
URLをコピーしました
Clip Icon
クリップしました


焼いた豚バラ肉とキムチをサンチュで巻いて食べる、韓国風焼肉のサムギョプサル。

日本でも人気のメニューですが、具材を変えることで幅広い味わいや食感を愉しめます。

この記事では、サムギョプサルの作り方やおすすめ具材、おいしく食べるためのタレを紹介します。

家庭でバラエティ豊かなサムギョプサルに挑戦してみてください。




サムギョプサルとは|豚バラ肉を使った韓国風焼肉


2、はさみでカットされている豚肉.jpg


サムギョプサルとは、焼いた豚バラの3枚肉とキムチやにんにくなどをサンチュで包んだ、韓国風の焼肉です。

牛肉よりも安く仕上がり、定番以外にも具材やタレを変えてさまざまな味わいを愉しめます。



基本の作り方


サムギョプサルはさまざまな具材を巻いて食べる料理ですが、

ここではシンプルなサムギョプサルの作り方を紹介します。


<材料>(4人分)


<作り方>

  1. 豚バラ肉ブロックを5mmほどの食べやすい大きさに切る
  2. 油を引かずに、熱したホットプレートで豚バラ肉、にんにく、白菜キムチを焼く
  3. サンチュで巻く
  4. 好みのタレをつけて食べる



おいしい食べ方


レタスやサンチュに少量のコチュジャンをつけておくのが本場韓国での食べ方です。


<おいしい食べ方>

  1. サンチュに少量のコチュジャンをつける
  2. サンチュを半分に切り、芯の部分を少し折っておく
  3. 折った部分に具材が溜まるようにキムチ、焼いたにんにく、豚バラ肉、付け合わせの順にのせる
  4. 折った芯の部分で具材を押さえながら、葉の先端に向かって一口サイズになるように包む
  5. 適量のタレをつけて食べる




サムギョプサルにおすすめの具材【定番】




3、定番のサムギョプサル.jpg



さまざまな具材を包んで愉しめるサムギョプサルは、野菜や肉をバランスよく摂れるのが魅力です。

まずは、サムギョプサルに欠かせない定番具材を紹介します。



1. 豚バラ肉

4、白い皿に載せられた豚バラ肉.jpg


サムギョプサルは韓国語で「3層肉」という意味。名前の通り、豚肉は欠かせない具材です。

肉の油を落としながらカリカリに焼いた豚バラ肉が絶品で、

自宅でつくる際にはブロック肉を使うと本格的なサムギョプサルを愉しめます。

ブロック肉に塩をもみ込んで、寝かせてから茹でるとジューシーになります。



2. キムチ

5、大葉が添えられたキムチ.jpg


サムギョプサルは豚バラ肉とキムチを一緒に焼き、巻いて食べるのが定番です。

豚バラ肉を焼いた際に出た油でキムチを焼くと、肉の旨味がキムチにしみ込んでおいしくなります。

キムチの種類によって味わいが変わるため、辛味の少ないものなど好みで選ぶとよいでしょう。



3. ネギ

6、細く切った白髪ネギ.jpg



ギは焼いてもおいしいですが、サムギョプサルではネギサラダにして一緒に巻いてみてはいかがでしょうか。

水にさらして苦味を取った白髪ネギに、しょう油や酢、砂糖、ごま油、塩コショウを加えて味を調えます。

副菜としてそのまま食べるのもおすすめです。



4. もやし

7、皿に盛られた豆もやし.jpg



もやしを加えることで、シャキシャキとした歯応えを愉しめます。

レンジ加熱でもよいですが、苦味や臭みが苦手な人は茹でるのがおすすめ。

豆もやしを選ぶと本場感を出せます。



5. にんにく

8、木の器に盛られたにんにく.jpg


にんにくは豚バラ肉とキムチの味わいを活かすのに欠かせません。

にんにくには豚肉に含まれるビタミンB1の吸収を助け、疲労回復効果を高める働きがあります。

より効果を高めるには、にんにくをスライスして焼くのがおすすめです。



6. サンチュ

9、味噌とともにテーブルに準備されたサンチュ.jpg


豚バラ肉とキムチをサンチュに挟んで食べるのが一般的なサムギョプサルの食べ方です。

口に入れたときに広がる豚肉の油を、一緒に包んだ野菜とサンチュが中和してくれます。

サンチュが手に入りにくい場合は、サニーレタスで代用してもかまいません。




サムギョプサルにおすすめの具材【変わり種】



ここからは、変わり種のおすすめ具材を紹介します。

ひと味違ったサムギョプサルを愉しみましょう。



7. 牛肉

10、サンチュの上に置かれた牛肉.jpg


豚バラ肉が苦手な人は牛肉で代用するのもひとつ。

豚肉とは違ったおいしさがあり、キムチやにんにくなどの副菜との相性も抜群です。

牛肉を使う場合はプルコギ風の味つけがおすすめです。



8. 鶏肉

11、細切れにされた鶏肉.jpg



肉の油が苦手な人は、鶏肉で代用するのもよいでしょう。

鶏むね肉を使うと、サムギョプサルがダイエット料理に変身します。

レモンを使ってさっぱり味に仕上げるのがポイント。

また、市販のサラダチキンを使えば時短にもなります。



9. タコ

12、プラスチックトレーに置かれたタコ.jpg


韓国では、チュクミサムギョプサルと呼ばれる、タコを具材にした歯応え抜群のサムギョプサルもあります。

豚肉と一緒に食べるのはもちろん、入れる具材がタコだけでもおいしく食べられます。



10. 牡蠣

13、青い皿に載せられた牡蠣.jpg


牡蠣はキムチとの相性がよく、サムギョプサルにおすすめの具材です。

韓国では牡蠣やエビなどの魚介類が入ったポッサムキムチも有名。

そんなポッサムキムチを具材にしてもおいしく食べられるでしょう。

また、牡蠣には亜鉛や鉄が含まれているため、美容効果も期待できます。



11. 刺身

14、皿に盛られたさまざまな刺身.jpg


韓国では肉の代わりにサンチュで刺身を巻いて食べるのが一般的。

甘辛い味噌が刺身と相性抜群。なかでもおすすめなのがマグロやサーモンです。

刺身は塩をまぶしてしっかりと水分を拭き取っておくと、旨みが凝縮しておいしくなります。



12. エリンギ

15、重ねて置かれたエリンギ.jpg


歯応えを愉しみたいならエリンギを加えてみるのもよいでしょう。

一緒に食物繊維も摂れるのでヘルシーなサムギョプサルになります。

残ったエリンギはバターとしょう油で焼いて副菜にすると、残さず食べられます。



13. 玉ねぎ

16、一部スライスされた玉ねぎ.jpg


玉ねぎと一緒に食べると、さわやかなサムギョプサルに。

肉と一緒に包むだけではなく、みじん切りにしてタレに加えると食べ応えがアップします。



14. なす

17、まな板の上にスライスして置かれたなす.jpg


油と相性のよいなすは、暑い時期のサムギョプサルにぴったりの具材です。

食物繊維や葉酸を含むなすで栄養を摂りながら、皮つきのままおいしく味わいましょう。




サムギョプサルをおいしくするタレ3種



ここからは、サムギョプサルをおいしくするタレを紹介します。

子ども用には辛さを抑えるなど、好みで調節してくださいね。



① 甘辛味噌の「サムジャン」

18、器に入れられたサムジャン.jpg


サムギョプサルで定番のタレといえばサムジャン。

子ども用にはコチュジャンを控えて辛さを抑えましょう。


<材料例>


ボウルにすべての材料を入れて、よくかき混ぜれば完成です。

各調味料の分量は好みに合わせて調整してください。



② ごま油が香る「キムルジャン」

19、白い陶器に入れられたごま油.jpg


ごま油と塩のシンプルなつけダレです。

家にある材料だけで簡単につくれて、生のキャベツにかけてもおいしく食べられます。

サムジャンと食べ比べるのもおすすめです。


<材料>


材料を適量用意し、混ぜ合わせたら完成です。



③ とろりと絡む「チーズソース」

20、チーズソースをつくる人の手.jpg


チーズソースもサムギョプサルとよく合います。


<材料例>

・ミックスチーズ

・牛乳

・片栗粉


トロトロのチーズと豚バラ肉、キムチはタッカルビのように相性抜群。

こってり濃厚な味はお酒のアテにもぴったりです。




BRUNOのアイテムを使った簡単サムギョプサルレシピ



おうちで手軽に本格的なサムギョプサルを愉しむなら、BRUNOのアイテムを使うのがおすすめです。

最後にBRUNOのアイテムを使ったサムギョプサルレシピを紹介します。



こんがりとした焼き目が食欲をそそる「豚と野菜のグリル」

21、BRUNOの豚と野菜のグリル.jpg


厚めの豚バラ肉を使った本格的なサムギョプサルが愉しめるレシピ。

BRUNOの
コンパクトマルチグリルポットなら、長い豚バラ肉もそのまま焼けるので便利です。

グリルプレートについた凹凸が、食欲をそそる焼き目をつけてくれます。


「豚と野菜のグリル(サムギョプサル)」の詳しいレシピはこちら



食べ比べが愉しい「3種のタレで食べるサムギョプサル」

22、BRUNOの3種のタレで食べるサムギョプサル.jpg


韓国風やさっぱり梅タレ、エスニックタレと3種類のタレで本格的なサムギョプサルが愉しめるレシピ。

BRUNOの
オーバルホットプレートのグリルプレートなら、

深めの凹凸が余分な油を落としヘルシーに焼き上げてくれます。

3種類のタレで味変すれば、さまざまな具材とともに飽きずに味わえるでしょう。


「3種のタレで食べるサムギョプサル」の詳しいレシピはこちら




さまざまな具材やタレでサムギョプサルを愉しもう


23、サンチュで包むサムギョプサル.jpg


さまざまな具材を巻いて食べる韓国料理のサムギョプサル。

肉や野菜、魚介類といったバリエーション豊富な食材を一緒に食べられるのが嬉しいですね。

定番に加えて変わり種具材も試して、オリジナルのサムギョプサルを愉しみましょう。

default image

ABOUT WRITER

BRUNO

愉しみ上手な大人が集い、生まれた、ライフスタイルブランド たとえば、ビーチサイドを仕事場に、 いつもの食卓をパーティに変え、 ファッションを愉しむようにインテリアを選ぶ。 “変幻自在”で”愉しさ重視”のライフスタイルがBRUNO流。 BRUNOは、人生を愉しむための 遊び心に満ちたライフスタイルをお届けします。

愉しみ上手な大人が集い、生まれた、ライフスタイルブランド たとえば、ビーチサイドを仕事場に、 いつもの食卓をパーティに変え、 ファッションを愉しむようにインテリアを選ぶ。 “変幻自在”で”愉しさ重視”のライフスタイルがBRUNO流。 BRUNOは、人生を愉しむための 遊び心に満ちたライフスタイルをお届けします。

記事一覧へ戻る

人気記事

HongKong icon
BRUNO HongKong
instagram icon facebook icon
Singapore icon
BRUNO Singapore
instagram icon facebook icon
Taiwan icon
BRUNO Taiwan
instagram icon facebook icon
US icon
BRUNO US
instagram icon
Canada icon
BRUNO Canada
instagram icon
ThaiLand icon
BRUNO Thailand
instagram icon facebook icon