Kitchen

entry banner

春野菜を使った簡単レシピ集|季節を感じられる料理を愉しもう

2022.12.23
252 1
リンクを共有 twitter icon line icon copy icon URLをコピー
Copy Icon
URLをコピーしました
Clip Icon
クリップしました



さまざまな植物が芽吹く春に旬を迎える春野菜。旬の食材を使ったレシピで、春を愉しみましょう。

この記事では、代表的な春野菜とその特徴、BRUNOのアイテムで簡単につくれるおすすめレシピを紹介します。

栄養が豊富でみずみずしさが魅力の春野菜を、食卓に取り入れてみてはいかがでしょうか。




春野菜とは




さまざまな春野菜.jpg

春に旬を迎える野菜のことを、春野菜と呼びます。

春野菜には、みずみずしさやほのかな苦味が味わえるものが多く、栄養価も豊富です。

玉ねぎやじゃがいもなど通年市場に出回っている野菜でも、

春に収穫されるものは、新玉ねぎや新じゃがいものように「新」の文字がつきます。




代表的な春野菜の種類




次に、代表的な春野菜と特徴を紹介します。甘みがある・みずみずしいなど、春野菜ならではの魅力がたっぷりです。



春野菜の種類➀葉茎菜みずみずしいレタス.jpg

春キャベツ

  • 春に収穫されるものを新キャベツと呼ぶ
  • 小ぶりで巻きがゆるくふっくらとしている
  • やわらかくみずみずしい食感が特徴

新玉ねぎ

  • 春に収穫、出荷される玉ねぎのこと
  • 水分量が多く辛みが少ない
  • 皮が薄い
  • 通常の玉ねぎより日持ちしにくい

グリーンアスパラガス

  • ホワイトアスパラガスよりも栄養価が豊富
  • 青々とした香りやほのかな甘みが感じられる

レタス

  • 通年販売されているが、多くは春と秋に収穫
  • 葉が厚く、シャキシャキとした食感

菜の花

  • アブラナ科の野菜を花が咲いてから収穫したもの
  • 花・茎・葉がすべて食べられる
  • 茹でると甘みが増す

たけのこ

  • 日本で採れるたけのこの旬は3月〜5月
  • 独特の香りとやわらかい食感を愉しめる



春野菜の種類②根菜類たくさんの新じゃがいも.jpg



新じゃがいも

  • 新玉ねぎのように、収穫してすぐに出荷される
  • 皮が薄いためむかずに食べることも可能
  • 甘さがある

新ごぼう

  • 大きく育つ前に収穫されるごぼうのこと
  • 通常のごぼうよりも細くて短い
  • やわらかくてアクが少ない



春野菜の種類③果菜類入れ物に入ったそら豆.jpg



スナップえんどう

  • グリーンピースを品種改良したもの
  • さやごと食べられる
  • 肉厚でシャキッとした歯ごたえと甘みがある

そら豆

  • さやが上に向かって伸びる性質が名前の由来
  • ほくほくの食感が特徴
  • 新鮮なものは中の綿も食べられる




BRUNOのアイテムを使った春野菜レシピ




ここからは、春野菜を使ったおすすめレシピを紹介します。

春野菜がたっぷり摂れてヘルシーなだけでなく、彩り鮮やかでおもてなしにもおすすめの料理なので、ぜひ挑戦してみてください。



カリカリほくほくの食感「春野菜のジャガレット」春野菜のジャガレット.jpeg



新じゃがいもを使った外はカリカリ、中はほくほくのガレットです。



<アイテム>

オーバルホットプレート


<材料>(4人分)

新じゃがいも...550g(中5個分)

A 片栗粉...大さじ1

A 塩...小さじ1/2

B 片栗粉...大さじ1/2

B 塩...小さじ1/3

たけのこ(水煮)...50g

いんげん...3本

アスパラガス...3本

釜揚げしらす...40g

桜えび...適量

チーズ...100〜150g

粉末昆布...小さじ1

オリーブ油...大さじ1


<下準備>
新じゃがいも:皮をよく洗って2/3(250g)を1/8の大きさにカットする。耐熱性の袋に入れて、電子レンジ800Wで4分程度加熱し、Aを入れて棒で叩いてつぶす。粗熱がとれたら袋をもむようにして均等に混ぜておく。

<作り方>
1.残りのじゃがいもをごく細い千切りにしてBと合わせておく。

2.たけのこ(水煮)は3mm厚に切り、いんげんは3等分の長さにカットする。アスパラガスは袴をとり、5〜6mm程度に斜めにそぎ切りする。

3.オーバルホットプレート(平面プレート)をセットしてオリーブ油をひき、[HI]で4分予熱する。

4.1をプレートの斜め半分に収まるように敷き、残った半面でアスパラといんげんを炒める。途中、じゃがいも全体をヘラで押さえるようにしてしっかりと固め、ジャガレットをつくる。

5.アスパラといんげんを一度とり出したら、フライ返しでスペースの空いた半面に向かってジャガレットを返す。返す時にばらつきそうな場合は、1〜2分長めに押さえるようにして焼いてから返す。

6.5の生地の上に下準備でつぶしたじゃがいもを均等に広げ、いんげん、アスパラガスの半量、桜えび、粉末昆布をのせヘラで平たくなるようにおさえる。半面に釜揚げしらすとオリーブ油(分量外)小さじ1を入れカリッとするまで10分程度炒めて取り出す。

7.再度フライ返しで返し何度かおさえながらジャガレットを焼き、半面にチーズと残りのアスパラガス、いんげん、炒めた釜揚げしらすをのせてチーズが溶けるまで5分程度焼いたら完成。


「春野菜のジャガレット」の詳しいレシピはこちら



彩りが華やかな「チーズとろける春野菜のキッシュ」春野菜のキッシュ.jpeg



熱々の状態で食べるのはもちろん、作り置きしてもおいしいです。



<アイテム>

オーバルホットプレート

<材料>(4人分)

A 春キャベツ...200g

A 新玉ねぎ...120g(小1個)

A アスパラガス...5本

A ベーコン...100g

ミニトマト...5個

オリーブ油またはサラダ油...大さじ1

B 卵...3個

B 牛乳...200ml

B コンソメ...キューブ1個

溶けるチーズ...100g


<下準備>

キャベツ:千切りにする。 

玉ねぎ:薄切りにする。

アスパラガス:根元の皮が固い場合はピーラーでむいて5cm程度にカットする。

ベーコン:食べやすいサイズにカットする。

ミニトマト:半分にカットする。


<作り方>

1.コンパクトホットプレート(平面プレート)にオリーブ油、Aを入れて[HI]で炒め、フタをして1分程度蒸し焼きにする。

2.Bを混ぜ合わせ、溶けるチーズ(半量)も加えて混ぜておく。

3.具材を平らにならし、混ぜたBを流し入れてミニトマトを散らす。フタをして[LOW]と[MED]の間で20分程度焼く。フタを開けて卵が固まっていれば、残りの溶けるチーズをのせ、再びフタをして溶けたら完成。



「チーズとろける春野菜のキッシュ」の詳しいレシピはこちら



手軽でおいしい「シャキシャキ春野菜のチーズトースト」春野菜のチーズトースト.jpeg



具材をのせるだけで簡単に旬を愉しめる、忙しい朝にもおすすめのレシピです。



<アイテム>

スチーム&ベイク トースター


<材料>(2人分)

食パン(5枚切り)...2枚

玉ねぎ...小1/4個(30g)

グリーンアスパラガス...2本

生ハム...4枚

ミックスチーズ...15g

オリーブ油...小さじ2

最後にかけるオリーブ油(お好みで)...適量


<下準備>

玉ねぎ:薄い輪切りにする。

アスパラ:8等分の斜め切りにする。


<作り方>

1.食パン2枚にオリーブ油を小さじ1ずつ塗り、玉ねぎ、アスパラ、ミックスチーズを半量ずつ順にのせてスチームモード180度で5分焼く。

2.焼き上がったら生ハムを2枚ずつのせ、お好みでオリーブ油をかけて完成。



「シャキシャキ春野菜のチーズトースト」の詳しいレシピはこちら



豊かな香りと味わい「新じゃがとチキンのレモンバターソテー」じゃがいもとチキンのソテー.jpeg



洋食の定番料理のソテーも、春野菜をたくさん使えば季節感が増します。



<アイテム>

オーバルホットプレート


<材料>(4~6人分)

レモン...1個

★ にんにく...2片

★ オリーブ油...大さじ1

新玉ねぎ...1個

アスパラガス...2本

いんげん...5本

鶏むね肉...2枚

新じゃがいも...600g(中6個)

塩麹...大さじ2

ローズマリー...1枝

バター...20g

ハーブソルト...小さじ1強


<下準備>

レモン:よく洗って1/2個を果汁に、1/2個を2mmの厚さの輪切りにする。

にんにく:皮をむいて芯を取り、薄く輪切りにする。

新玉ねぎ:皮をむいて8〜10等分のくし切りにする。

アスパラガス:袴を取り4等分の長さにカットする。

いんげん:3等分の長さにカットする。


<作り方>

1.鶏むね肉全体をまんべんなく包丁の刃先でつき、大きめの一口大にカットし、レモン果汁と塩麹をもみ込む。

2.新じゃがいもは皮の汚れをきれいに洗い落とす。鶏肉と同じ大きさ程度の大きめの一口大にカットし耐熱皿に並べ、ふんわりラップをして竹串が刺さる程度まで電子レンジ800Wで

7分程度加熱する。

3.オーバルホットプレート(平面プレート)をセットし★を入れ、[HI]でにんにくの香りが立ってくるまで予熱する。

4.1、2、玉ねぎを敷き詰めるように入れ焼き始める。プレートに面している鶏肉が2/3程度の高さまで白っぽい色になったら全体を裏返す。

5.4にバター、ローズマリー、ハーブソルトをのせて4分焼き、アスパラガス、いんげん、レモン(輪切り)を均等にのせ、フタをして5分蒸し焼きにして完成。



「新じゃがとチキンのレモンバターソテー」の詳しいレシピはこちら




春野菜レシピに挑戦して旬の味を食卓に届けて





春野菜を使った料理.jpg



寒い冬を乗り越えて育った春野菜には、栄養やおいしさが凝縮されています。

旬の食材を使えば、いつものメニューで素材の味をしっかり愉しめ、新鮮な印象に。

サラダ・和食・洋食など、さまざまな料理に取り入れてみてはいかがでしょうか。



▼春の七草で作る「七草粥」についてはこちらの記事で紹介しています

【無病息災】七草粥はいつ食べる? 材料である春の七草の意味も解説

default image

ABOUT WRITER

BRUNO

愉しみ上手な大人が集い、生まれた、ライフスタイルブランド たとえば、ビーチサイドを仕事場に、 いつもの食卓をパーティに変え、 ファッションを愉しむようにインテリアを選ぶ。 “変幻自在”で”愉しさ重視”のライフスタイルがBRUNO流。 BRUNOは、人生を愉しむための 遊び心に満ちたライフスタイルをお届けします。

愉しみ上手な大人が集い、生まれた、ライフスタイルブランド たとえば、ビーチサイドを仕事場に、 いつもの食卓をパーティに変え、 ファッションを愉しむようにインテリアを選ぶ。 “変幻自在”で”愉しさ重視”のライフスタイルがBRUNO流。 BRUNOは、人生を愉しむための 遊び心に満ちたライフスタイルをお届けします。

記事一覧へ戻る

人気記事

HongKong icon
BRUNO HongKong
instagram icon facebook icon
Singapore icon
BRUNO Singapore
instagram icon facebook icon
China icon
BRUNO China
weibo icon
Taiwan icon
BRUNO Taiwan
instagram icon facebook icon
US icon
BRUNO US
instagram icon
Canada icon
BRUNO Canada
instagram icon
ThaiLand icon
BRUNO Thailand
instagram icon facebook icon